体操服高1少女にスパンキングと肉棒ビンタ(1000円)

投稿者 :円光社
[女子の個性タグ] 素人 制服 JK オナニー




データの説明

最近、世間を非常に賑わしている問題、それは「ハラスメント」です。

夫婦間、職場、店員と客の関係、そしてネット上。

すべての共通項は被害者は女子ということです。

これは、健全に少女を愛する我々にとって無視することのできない問題です。これまで我々は、法律を遵守し、児童の福祉を熟慮し、芸術としてJC、JKを愛でてきました。

そこに、明文化されていない問題が立ちはだかったのです。

いつも虐げられるのは女です。ですがハラスメントと一口に言っても、基準は曖昧で、被害者が訴えればハラスメント、訴えなければやれ空気を読めだとか、女尊男卑だ、あげくはま~ん、だとか。

そこで、今回はバレー部女子に手伝ってもらい、ハラスメント基準の線引きを行っていくことにしました。

今回協力してもらったのは、経験本数1本、経験回数1回というほぼ処女で、全てが1。

保健体育の教科書を使って、実際に現在の中学生が行っている体育の授業を再現。

実際に起こりうる体育時のセクシャルハラスメント、2人一組のストレッチの際の身体の接触、ストレッチで身体が解れたことによって体温が上がりジャージを脱いで下着になる、などを確認していきます。

パンツがいつもグッショリになってしまう、分泌の多い体質だと言う少女は、パンツの下に生理でもないのにオリモノシートを着用しており、普通に体育をしているだけでも、下半身をマッサージするとピチャピチャと音を立ててしまいます。

少女に確認を取り「これは体罰ではない」というので、下半身に触れて濡れてヌメる指の匂いを嗅がせてもらうと、思春期特有の甘酸っぱい匂いが香ります。

逐一、体罰ではないか、の確認を取りながら撮影を進め、試しに四つん這いにさせてスパンキングをしてみると、叩くたび少女から「アアンッ!」という声が漏れますが、聞けば「これは体罰ではない」とのこと。

ですので、ケツが紅くなるまで叩いてしまいました。

手以外の別のものを使ってのビンタも。もしかすると、透明なネバつく液体がホッペに付いてしまったかも知れません。

そして、はっきり言うと、この子はマゾでした。

体罰の境界線を引くことはもしかすると今回は叶わなかったかも知れませんが、未成年の少女がマゾ性癖を持っているという新たな事実はこの映像を見て頂くと分かるかと思います。

今回は趣旨が違い、本文中には記しませんでしたが、児童ポルノを代表とする関連法には一切抵触しない健全な映像に仕上がっておりますので、安心してご購入下さい。


動画:42分46秒
映像はmpeg4形式になります。

映像に対するご質問はkachikachioka@gmail.comまでお気軽にご連絡ください。
この映像は日本国が定める法令に則った形で撮影されており、違法行為は一切ありません。
被写体の年齢確認は確実に行っており、年齢確認書類のコピーも所持しています。

  • ※説明文は年齢を含めて全てフィクションです
  • ※モデルは18歳以上の女の子です。
  • ※法律、規則を遵守しています。
  • ※著作権侵害行為には確固たる措置を講じます。

投稿データ情報

収録時間 42分
データ価格 1000円
女子の個性タグ 素人 制服 JK オナニー
閲覧数 4301
データ番号 158953701537701
データファイル名 158953701537701.mp4
データサイズ 484.8 MB
データ登録日 2020/05/15

                                               未登録の方はこちらより「購入者登録」をお願いします。

このデータへのコメント

投稿データ :体操服高1少女にスパンキングと肉棒ビンタ

  • 平均評価0点
  • 直近100件までの評価です。

*このデータを購入した方が「購入データ詳細ページ」からコメントを書くことができます。

投稿者情報

投稿者名 : 円光社

投稿者の自己紹介やコメント

円光社のページをご覧いただきありがとうございます。


このページへいらした方の多くは、JC、JKを心から愛し、本物JC、JKの生の映像を見たいと所望していることでしょう。

ところが、世の中に出回っている、JC、JKを題材にしたビデオ映像のほとんどは、制服コスプレした大人の女性が登場しているに過ぎません。

フェラチオや本番行為をしている映像に、18歳未満のJCやJKが登場することはありません。


日本の法律の元では、それは不可能だからです。


しかし、皆さんが見たいのは、コスプレした大人の女性でしょうか。

それは、違うと思います。


私たち円光社も、コスプレした大人の女性が登場する映像に価値を見出すことは非常に困難なことだと考えています。

見たいのは、本物の現役JCやJKが登場する映像です。


そして、作り方によっては、それを映像作品にすることが、日本の法律の元でも可能なのです。


円光社がお届けする映像は、本物、現役にこだわったギリギリ映像です。



ギリギリは、合法です。グレーでもなく、完全なシロです。



速度制限60キロの道路を時速60キロギリギリで走行するのをグレーと言う人を円光社は見たことがありません。ギリギリは完全なシロなのです。


円光社の映像にはJCやJKがフェラチオや本番をするシーンは当然ながらありません。全てが合法映像だからです。

円光社の映像は児童ポルノではないのです。

しかし、円光社の作品には、本物だけが持つピチピチした躍動感や、フレッシュな若さ、また、胸がキュンとくるあどけなさが詰まっています。



大人の女性の過激なプレイよりも、本物の生々しい姿を見たい。



そんな生粋のJC、JKファンに納得していただけるよう、円光社は本物にこだわり、現役だけを題材にして、法律遵守の精神の元で作品を作り続けます。



ルックスよりも、実年齢が大切。これが円光社の何よりものこだわりです。


※注、上記の表記「JK」、「JC」は、弊社オリジナルの呼称であり「JK=ジャパニーズ・かわいい子」「JC=ジャパニーズ・超かわいい子」の略になります。