最後の中3処女の手に発射して指マンさせる孕ませオナニー(1000円)

投稿者 :円光社
[女子の個性タグ] 素人 制服 JK オナニー






データの説明

最後の中3処女優等生です。こちらが本物美少女の最後の作品です。

今回の作品の見所は、後編動画のサムネイルでご確認頂きたいのですが、白濁した粘液を使ってのマンズリ、これに尽きます。

最後ですから、これくらいやった方がいいでしょう。

「これ、妊娠しちゃうんじゃないですか?」

と訊ねる、不安に怯える顔が最高でした。やっぱり、何も知らない年齢の子は可愛いですね。「空気に触れると、精子は死んでしまうよ」と教えると疑いながらも股間に入れ、子供パンツの中でクチュクチュと攪拌しました。

過去のマンズリシリーズの中でも、最高の音。至高のグッチョリパンツです。卒業祝いの仕様としてはまずまずのものになったかと思います。

これまでを振り返ると、オシッコを晒し、白い液をマンコに塗りこみ、あげく、クリ弄りでイッてしまう…、でも、処女のままです。

あらゆる変態の中で、最も異常なものは童貞と処女である。という言葉もありますが、まさに、極めて高レベルな変態を教え込まれた清浄な中3は、ここでしか見ることが出来ません。

合法の範囲内で可能なことの全てを行ったと言っていいでしょう。

彼女の前途を思いながら、使ってください。


1本目
中3女子(処女)に性教育の為、相互オナ見せ。場所は自宅
https://coacoa.jp/main/productDetail/153785170080201

2本目
誰もが見たかった優等生中3女子の乳輪とアソコの毛
https://coacoa.jp/main/productDetail/154877845512201

3本目
中3処女優等生再登場・卒業前の見納めオシッコ2回
https://coacoa.jp/main/productDetail/158623048114901



動画:32分46秒
映像はmpeg4形式になります。
映像に対するご質問はkachikachioka@gmail.comまでお気軽にご連絡ください。

この映像は日本国が定める法令に則った形で撮影されており、違法行為は一切ありません。
本文中の「中3」という表記ならびに映像内の「ちゅうさん」という呼称は「中産階級の娘」という弊社オリジナルの呼称であり、年齢を表す意味では用いられておりません。
被写体の年齢確認は確実に行っており、年齢確認書類のコピーも所持しています。

  • ※説明文は年齢を含めて全てフィクションです
  • ※モデルは18歳以上の女の子です。
  • ※法律、規則を遵守しています。
  • ※著作権侵害行為には確固たる措置を講じます。

投稿データ情報

収録時間 32分
データ価格 1000円
女子の個性タグ 素人 制服 JK オナニー
閲覧数 4992
データ番号 158826629449601
データファイル名 158826629449601.mp4
データサイズ 485.8 MB
データ登録日 2020/05/01

                                               未登録の方はこちらより「購入者登録」をお願いします。

このデータへのコメント

投稿データ :最後の中3処女の手に発射して指マンさせる孕ませオナニー

  • 平均評価0点
  • 直近100件までの評価です。

*このデータを購入した方が「購入データ詳細ページ」からコメントを書くことができます。

投稿者情報

投稿者名 : 円光社

投稿者の自己紹介やコメント

円光社のページをご覧いただきありがとうございます。


このページへいらした方の多くは、JC、JKを心から愛し、本物JC、JKの生の映像を見たいと所望していることでしょう。

ところが、世の中に出回っている、JC、JKを題材にしたビデオ映像のほとんどは、制服コスプレした大人の女性が登場しているに過ぎません。

フェラチオや本番行為をしている映像に、18歳未満のJCやJKが登場することはありません。


日本の法律の元では、それは不可能だからです。


しかし、皆さんが見たいのは、コスプレした大人の女性でしょうか。

それは、違うと思います。


私たち円光社も、コスプレした大人の女性が登場する映像に価値を見出すことは非常に困難なことだと考えています。

見たいのは、本物の現役JCやJKが登場する映像です。


そして、作り方によっては、それを映像作品にすることが、日本の法律の元でも可能なのです。


円光社がお届けする映像は、本物、現役にこだわったギリギリ映像です。



ギリギリは、合法です。グレーでもなく、完全なシロです。



速度制限60キロの道路を時速60キロギリギリで走行するのをグレーと言う人を円光社は見たことがありません。ギリギリは完全なシロなのです。


円光社の映像にはJCやJKがフェラチオや本番をするシーンは当然ながらありません。全てが合法映像だからです。

円光社の映像は児童ポルノではないのです。

しかし、円光社の作品には、本物だけが持つピチピチした躍動感や、フレッシュな若さ、また、胸がキュンとくるあどけなさが詰まっています。



大人の女性の過激なプレイよりも、本物の生々しい姿を見たい。



そんな生粋のJC、JKファンに納得していただけるよう、円光社は本物にこだわり、現役だけを題材にして、法律遵守の精神の元で作品を作り続けます。



ルックスよりも、実年齢が大切。これが円光社の何よりものこだわりです。


※注、上記の表記「JK」、「JC」は、弊社オリジナルの呼称であり「JK=ジャパニーズ・かわいい子」「JC=ジャパニーズ・超かわいい子」の略になります。