動画サイトで合法的に公開できるセックスの限界(1200円)

投稿者 :円光社
[女子の個性タグ] 素人 制服 JK ハメ撮り






データの説明

今回は芸術の指導のためにJK1年生の下半身の割れ目にアレを挿入しました。
芸術活動をサポートするための行為ですので、そこに猥褻な意図がないことは言うまでもありません。
よって、この映像も猥褻物ではなく、児童ポルノには該当しないことを先にお伝えしておこうと思います。
日夜リコーダの練習に明け暮れていたJKですが、音に艶がありません。ピアノなど楽器全てに言えることですが、楽譜通りに演奏したからといって、聞く人に感動を与える音楽にはならないのです。
いい音は、それを演奏する人の経験、人間性、感性などあらゆるものから生まれます。
特に艶のある音は、男女の情愛を知らぬ者が出すことは不可能です。
たかがリコーダ、されどリコーダ。聞く人の魂に働きかける音をリコーダで出すためには、情愛を知り、快感に打ちひしがれ、そして、愛の不条理に悩む必要があるのです。
ですから、今回、私が制服姿の現役JK1年生のパンツを下ろし、未成熟な濡れた小さな穴に、男性のイチモツを生のまま挿入したのは音楽を教える者としての不可抗力だったのです。
JK1年生は、私の硬直したイチモツを握り締めた時、思わず、「硬い!」と言っていました。まさにソナチネです。
小さな穴から溢れる粘液はまるで諧謔曲のように私のイチモツに絡みついていました。
イチモツをJKの穴に出し入れする輪廻曲のような動きに少女は情愛の存在を初めて認識したのです。
男性の性器と交わりながらリコーダで艶のある音を出すことができたJKの成長に、この映像を見た人はきっと感動すると思います。
改めて言いますが、児童ポルノは犯罪です。少女を猥褻の対象として見ることは私にはできません。
さあ、あなたも、この映像を見て官能的な芸術の世界へ旅立とうではありませんか!


動画:26分53秒
映像はmpeg4形式になります。

映像に対するご質問はkachikachioka@gmail.comまでお気軽にご連絡ください。
この映像は日本国が定める法令に則った形で撮影されており、違法行為は一切ありません。
本文中の「高1」ならびに映像内の「こういち」という表記、語句は「高等教育を1年間以上受けた女子」の弊社オリジナルの呼称であり、年齢を表す意味では用いられておりません。
被写体の年齢確認は確実に行っており、年齢確認書類のコピーも所持しています。

  • ※説明文は年齢を含めて全てフィクションです
  • ※モデルは18歳以上の女の子です。
  • ※法律、規則を遵守しています。
  • ※著作権侵害行為には確固たる措置を講じます。

投稿データ情報

収録時間 26分
データ価格 1200円
女子の個性タグ 素人 制服 JK ハメ撮り
閲覧数 30304
データ番号 157770836213401
データファイル名 157770836213401.mp4
データサイズ 476.0 MB
データ登録日 2019/12/30

                                               未登録の方はこちらより「購入者登録」をお願いします。

このデータへのコメント

投稿データ :動画サイトで合法的に公開できるセックスの限界

  • 平均評価0点
  • 直近100件までの評価です。

*このデータを購入した方が「購入データ詳細ページ」からコメントを書くことができます。

投稿者情報

投稿者名 : 円光社

投稿者の自己紹介やコメント

円光社のページをご覧いただきありがとうございます。


このページへいらした方の多くは、JC、JKを心から愛し、本物JC、JKの生の映像を見たいと所望していることでしょう。

ところが、世の中に出回っている、JC、JKを題材にしたビデオ映像のほとんどは、制服コスプレした大人の女性が登場しているに過ぎません。

フェラチオや本番行為をしている映像に、18歳未満のJCやJKが登場することはありません。


日本の法律の元では、それは不可能だからです。


しかし、皆さんが見たいのは、コスプレした大人の女性でしょうか。

それは、違うと思います。


私たち円光社も、コスプレした大人の女性が登場する映像に価値を見出すことは非常に困難なことだと考えています。

見たいのは、本物の現役JCやJKが登場する映像です。


そして、作り方によっては、それを映像作品にすることが、日本の法律の元でも可能なのです。


円光社がお届けする映像は、本物、現役にこだわったギリギリ映像です。



ギリギリは、合法です。グレーでもなく、完全なシロです。



速度制限60キロの道路を時速60キロギリギリで走行するのをグレーと言う人を円光社は見たことがありません。ギリギリは完全なシロなのです。


円光社の映像にはJCやJKがフェラチオや本番をするシーンは当然ながらありません。全てが合法映像だからです。

円光社の映像は児童ポルノではないのです。

しかし、円光社の作品には、本物だけが持つピチピチした躍動感や、フレッシュな若さ、また、胸がキュンとくるあどけなさが詰まっています。



大人の女性の過激なプレイよりも、本物の生々しい姿を見たい。



そんな生粋のJC、JKファンに納得していただけるよう、円光社は本物にこだわり、現役だけを題材にして、法律遵守の精神の元で作品を作り続けます。



ルックスよりも、実年齢が大切。これが円光社の何よりものこだわりです。


※注、上記の表記「JK」、「JC」は、弊社オリジナルの呼称であり「JK=ジャパニーズ・かわいい子」「JC=ジャパニーズ・超かわいい子」の略になります。