都会の片隅で日夜続く気が狂った父娘のセックス(1200円)

投稿者 :密告者ギルド
[女子の個性タグ] 素人 親子 個人撮影






データの説明

前動画
自宅屋上で父親のケツの穴まで舐める制服実娘
https://coacoa.jp/main/productDetail/156853091189901


先日自宅屋上でのフェラ動画を公開させて頂きましたが、こちらはしっかり最後までヤル映像になります。

娘のマンコに父親のチンポが入るところを余すことなく収録しております。元を辿れば、娘の里佳は私のチンポから出た精子が原型です。そのきっかけになった行為をその行為の結果、人間として成熟した元、受精卵に行うのは、なんだか生命の深淵に触れる崇高な儀式を行っているような、余りに射精がヨスギテふっと意識が遠のいていた時に思いついたことがあります。

相変わらず出て行った妻は帰ってきません。ですので、里佳の家での役割は妻と娘の二役になるわけです。

この日は、きっと里佳に似合うだろうとTバックの下着を付けさせてコトに及んでみました。やっぱり思った通り、ピンクの紐と真っ白でシミひとつない丸い蒼いお尻がジャストフィット。そのままスッとスムーズに挿入まで一直線に行くことが出来ました。

内閣府が発表している資料で、わが国は50歳時点での男性の生涯未婚率が23.4%と過去最高を記録したようですね。(2015(平成27)年国勢調査)

私からの提案としては近親婚の合法化、ならびに近親セックスの国を挙げての奨励が少子化対策の特効薬になると考えておりますがいかがでしょうか?

我々の映像をご覧になればお分かりになると思いますが、出産に立会い、オムツを代えたりお風呂に入れたり、一人で歩き始めたと思ったら、学校へ入学、子供体型から大人の女性への変貌までを共に歩んできたからこその性的魅力の感じ方、欲望の仕方、肌の合い具合など、時間的アドバンテージが段違いです。それこそ、ナンパでその日限りとは違うわけです。15年以上の積み重ねによる一回のセックスなんです。

単純計算で、一回に付き15年掛かるわけですから、このレベルの最高快感のセックスは人生で3回しか出来ません。まぁ、現実問題、普通人なら生涯で1回が限度でしょう。

ぜひこの価値を分かって頂ける勇者に後に続いてもらえると嬉しいです。


フレーム幅:1280
フレーム高:720

36分39秒、HD動画です

音声有り

【注意事項】
販売しております全作品に登場する人物は18歳以上のモデルであり契約の上で撮影しております。
日本国内法を遵守し、法律及び条令に反する行為は一切行っておりません。
二次使用、譲渡、転載、転売等は禁止します。
全作品は法律、利用規約に基づいた内容であり、児童ポルノには該当しません。
(身分証により年齢確認をしています)

  • ※説明文は年齢を含めて全てフィクションです
  • ※モデルは18歳以上の女の子です。
  • ※法律、規則を遵守しています。
  • ※著作権侵害行為には確固たる措置を講じます。

投稿データ情報

収録時間 36分
データ価格 1200円
女子の個性タグ 素人 親子 個人撮影
閲覧数 6066
データ番号 157094470670801
データファイル名 157094470670801.mp4
データサイズ 475.0 MB
データ登録日 2019/10/13

                                               未登録の方はこちらより「購入者登録」をお願いします。

このデータへのコメント

投稿データ :都会の片隅で日夜続く気が狂った父娘のセックス

  • 平均評価0点
  • 直近100件までの評価です。

*このデータを購入した方が「購入データ詳細ページ」からコメントを書くことができます。

投稿者情報

投稿者名 : 密告者ギルド

投稿者の自己紹介やコメント

私は35歳の時に母親とセックスしました。生ハメ中出しです。
私が母親を性の対象として最初に意識したのは小学6年生くらいだったと記憶しています。
昼寝していた母親のワンピースからパンツが覗いており、股間の膨らみが見えたのです。私はそこに顔を近づけくんくんと匂いを嗅ぎました。まだ女性器を見たことのなかった私は膨らみの実体はなんなのかと想像しながら自分のペニスを母親の股間にくっつけてオナニーし射精したのです。
それからしばらくは母親に対して特に性欲は覚えませんでした。
母親に対して「やりたい」と明確に意識したのは、社会人になって独立した後です。すでに何人かの女性とセックスを経験してからのことでした。
チャンスがあれば母親を犯してやろうと何年も思い続け、約10年後に実行に移されたのです。
母親は大して拒絶することもなく私を受け入れてくれました。舌を絡めてキスをして、ペニスで母親をイカせました。
母親とはその一回切りです。それは私にとって生涯で最も興奮した性体験でした。
世の中には私と同じように近親姦を経験した人が実は沢山いるのではないでしょうか。また、近親姦をしたいという願望を秘かに持ちながらもチャンスに恵まれない人も多いでしょう。
ここでは、実際に近親姦をした人からの映像を公開していきます。秘密の告白、つまり「密告」です。演出やドラマ映像ではないため、近親姦に興味のない人には単調な普通のセックスに映るかも知れません。しかし、近親姦のリアル映像であることは間違いないものだけを厳選して公開していきます。
それと同時に、近親者を盗撮した映像、例えば娘の入浴や姉のオナニーなどの映像も公開していきます。家族が身内に対して向けた性的な視線は身体の接触がないだけで、近親姦の一種であると考えうるからです。
さらに、法的には親類者ではありませんが、交際中のカップル、交際が終了したカップルから入手したネット上への公開、伝播を主目的とする映像も同様に扱います。これらの公開は密告の類型のひとつと看做せます。

いま世の中でタブーとされるセックスは児童との性交と近親姦と屍姦と獣姦の4つしかありません。他の3つはそれぞれの専門家にお任せするとして、私は少なくとも日本で最も信頼のおける正真正銘の近親姦映像のみを扱うアカウントになることをお約束いたします。