オナニー中にお父さんから電話でもローター当て止めない父子家庭少女(1200円)

投稿者 :円光社
[女子の個性タグ] 素人 制服 JK オナニー






データの説明

小さい頃から合唱の習い事をしていて、ミュージカル舞台の経験もあるというこの子。

父子家庭だということですが、片親だからといって、通常家庭に比べて不自由は与えないようお父さんが色々気を使っていることがそのエピソードからだけでも見て取れます。それだけ親から愛されているということが分かります。

その歌声は、ただのカラオケでもなんだか「やっている」子という感じで誰が見ても違いが分かるでしょう。

そんな子が、一体なぜ、私のようなおっさんにオナニーを見せてくれるのか、それはあえて聞きません。冗談で(もちろん冗談です。18歳未満との性交は犯罪です)「オナニー以上は?」と聞きますと「ダメ。はじめては好きな人と。。」と頬を染めますので、図らずも処女であることが露呈しますが、さらなる疑問、処女がなぜオナ撮影を許す??と、次の謎が生まれますが、やはりこれも華麗にスルー。

別にお父さんからは家にお金を入れる必要はない、と言われているそうですが、アルバイトしたお金を家に少し入れているらしく、もしかしたら、この撮影モデルも、そういうイキサツからかも知れない、聞けば薮蛇必至ですので、そういうことは曖昧にしておく方がいいのです。

撮影の事情については曖昧でも、撮影する部位、モノについては曖昧ではいけません。児童ポルノ法という厳格で美しい規定がわが国には存在します。

もちろん、順法。

ですので、今回も、性的な部位は映し出すことは出来ません。パンツを履いたままのオナニーです。その分、弄ったところから液体がお気に入りのパンツに染み出してパンツが台無しに。台無しになるくらいは本気で弄ってもらいます。何度も言っていますが、映ってなくて、女の子が自分で弄る分には完全合法なのです。

そうやってアート撮影をしているところに、なんとお父さんから電話が!!

ちなみにガチ。

放課後いつも掛かってくる電話ということで、この電話に出ないと逆に怪しまれるということで出てもらいます。娘を心配する父とひとり娘との会話。なかなか聞けるものではありません。そして、その会話に添えるのは、ブーン、という電動音。

みなさんおなじみ、ローターの音です。

きっとお父さんも気付いているでしょう。お父さん世代ならAVも見倒しているでしょうから。娘の電話で聞こえる聞き慣れた音。お父さんの心境を察すると、気付いているけど指摘できない胸を掻き毟られるような感情でしょう。

お父さん、娘はこんなに大きくなりました。子供だと思っていた娘も、一人前にひとりエッチでイケるようになったんだよ。ちなみにはじめて弄ったのは5年の時からだよ。

ご存知、これこそがアートです。


動画:31分26秒
映像はmpeg4形式になります。

映像に対するご質問はkachikachioka@gmail.comまでお気軽にご連絡ください。
この映像は日本国が定める法令に則った形で撮影されており、違法行為は一切ありません。
被写体の年齢確認は確実に行っており、年齢確認書類のコピーも所持しています。

  • ※説明文は年齢を含めて全てフィクションです
  • ※モデルは18歳以上の女の子です。
  • ※法律、規則を遵守しています。
  • ※著作権侵害行為には確固たる措置を講じます。

投稿データ情報

収録時間 31分
データ価格 1200円
女子の個性タグ 素人 制服 JK オナニー
閲覧数 8432
データ番号 156545554644301
データファイル名 156545554644301.mp4
データサイズ 0 Byte
データ登録日 2019/08/11

                                               未登録の方はこちらより「購入者登録」をお願いします。

このデータへのコメント

投稿データ :オナニー中にお父さんから電話でもローター当て止めない父子家庭少女

  • 平均評価0点
  • 直近100件までの評価です。

*このデータを購入した方が「購入データ詳細ページ」からコメントを書くことができます。

投稿者情報

投稿者名 : 円光社

投稿者の自己紹介やコメント

円光社のページをご覧いただきありがとうございます。


このページへいらした方の多くは、JC、JKを心から愛し、本物JC、JKの生の映像を見たいと所望していることでしょう。

ところが、世の中に出回っている、JC、JKを題材にしたビデオ映像のほとんどは、制服コスプレした大人の女性が登場しているに過ぎません。

フェラチオや本番行為をしている映像に、18歳未満のJCやJKが登場することはありません。


日本の法律の元では、それは不可能だからです。


しかし、皆さんが見たいのは、コスプレした大人の女性でしょうか。

それは、違うと思います。


私たち円光社も、コスプレした大人の女性が登場する映像に価値を見出すことは非常に困難なことだと考えています。

見たいのは、本物の現役JCやJKが登場する映像です。


そして、作り方によっては、それを映像作品にすることが、日本の法律の元でも可能なのです。


円光社がお届けする映像は、本物、現役にこだわったギリギリ映像です。



ギリギリは、合法です。グレーでもなく、完全なシロです。



速度制限60キロの道路を時速60キロギリギリで走行するのをグレーと言う人を円光社は見たことがありません。ギリギリは完全なシロなのです。


円光社の映像にはJCやJKがフェラチオや本番をするシーンは当然ながらありません。全てが合法映像だからです。

円光社の映像は児童ポルノではないのです。

しかし、円光社の作品には、本物だけが持つピチピチした躍動感や、フレッシュな若さ、また、胸がキュンとくるあどけなさが詰まっています。



大人の女性の過激なプレイよりも、本物の生々しい姿を見たい。



そんな生粋のJC、JKファンに納得していただけるよう、円光社は本物にこだわり、現役だけを題材にして、法律遵守の精神の元で作品を作り続けます。



ルックスよりも、実年齢が大切。これが円光社の何よりものこだわりです。


※注、上記の表記「JK」、「JC」は、弊社オリジナルの呼称であり「JK=ジャパニーズ・かわいい子」「JC=ジャパニーズ・超かわいい子」の略になります。