THEマンズリ3「高1でEカップ柏木由紀似JKがビチャビチャ音立て指ピストン」(1000円)

投稿者 :円光社
[女子の個性タグ] 素人 制服 巨乳 Jk






データの説明

今回の作品は、口リ好きな方には刺激が強すぎるかも知れません。

口リ巨乳です。

陸上部だと言う高1。その巨魁パイでグラウンドを走ったら、思春期童貞の視線の的になり、オナペットとして全校から狙われていることは間違いないでしょう。

聞いてみると、

「高校に入ってすぐの5月にバージンじゃなくなりました」

そう、答えます。

ま、当然でしょう。私のような子供にはなんの興味のない健全な大人ならいざ知らず、センズリ坊主がケダモノのように群がって来たんだと予想します。

まったく嘆かわしい。未成年に対して猥褻な感情を持つことほど卑しいことはありません。

その点、今回のマンズリ3も、どこに持っていっても恥ずかしくない映像に仕上げております。ペニスはもちろんのこと、マンコ、肛門、乳首さえ映ってはいません。

映っているのは、童顔とは明らかにアンバランスな真っ白い乳房。色素沈着もまだ浅い乳輪と足の付け根周辺を念入りに。それと、パンツだけです。

パンツの中に手を入れさせてみると、芸術的な、クチュクチュという湿り気を帯びていないと絶対に鳴るはずのない音が漏れ出して来ますが、これも映像に映し出されているのはパンツだけ。その中で何が行われているのかは関係なく、パンツとその中から出る音が収録されているだけですので、児童ポルノと判断できる材料には足りないでしょう。

なにより、本物の高1が映っている映像を見て、猥褻な感情を抱くなんて鬼畜としか言いようがないでしょう。私としては、そのような輩には出来ればこの映像を購入して欲しくはないのですが、こちらでは購入目的で購入者を選ぶことは出来ないため、泣き寝入りせざる負えません。

そこから、豊満な乳房がワイシャツからこぼれそうなほどに身体を激しく揺すってパンツの中の指の動きを加速させて行く少女。

初体験の感想でも「はじめての時から、奥で感じた。。」と告白するほど敏感な膣周辺を擦ってマンコでイクところまで見せてくれます。

撮影側からは、映像冒頭で念入りに聞いていったつい2ヶ月前の初体験のことをカラオケマイクを使って言わされる場面と、その返答時の恥ずかしがる可愛さ。そして終盤でグッと大人っぽく妖艶な一人遊び。

そのギャップをもって「芸術品」と言えると自負します。

ぜひとも、芸術を愛する方にこそ買って頂きたい。そう願っています。

しかし、ブスでも自称するだけでアイドルになれてしまう時代。素人のJKの方がアイドルより身体もエロく、顔も可愛いということがよくあります。


動画:30分08秒
映像はmpeg4形式になります。

本文中の「高1」という表記ならびに映像内の「こういち」という呼称は「高円寺に一度以上行ったことのある子」の弊社オリジナルの呼称であり、年齢を表す意味では用いられておりません。
本文中のJKという表記は「ジャパニーズかわいい子」の弊社オリジナルの呼称であり、年齢を表す意味では用いられておりません。
被写体の年齢確認は確実に行っており、年齢確認書類のコピーも所持しています。

  • ※説明文は年齢を含めて全てフィクションです
  • ※モデルは18歳以上の女の子です。
  • ※法律、規則を遵守しています。
  • ※著作権侵害行為には確固たる措置を講じます。

投稿データ情報

収録時間 30分
データ価格 1000円
女子の個性タグ 素人 制服 巨乳 Jk
閲覧数 3133
データ番号 154609982538201
データファイル名 154609982538201.mp4
データサイズ 0 Byte
データ登録日 2018/12/30

                                               未登録の方はこちらより「購入者登録」をお願いします。

このデータへのコメント

投稿データ :THEマンズリ3「高1でEカップ柏木由紀似JKがビチャビチャ音立て指ピストン」

  • 平均評価0点
  • 直近100件までの評価です。

*このデータを購入した方が「購入データ詳細ページ」からコメントを書くことができます。

投稿者情報

投稿者名 : 円光社

投稿者の自己紹介やコメント

円光社のページをご覧いただきありがとうございます。


このページへいらした方の多くは、JC、JKを心から愛し、本物JC、JKの生の映像を見たいと所望していることでしょう。

ところが、世の中に出回っている、JC、JKを題材にしたビデオ映像のほとんどは、制服コスプレした大人の女性が登場しているに過ぎません。

フェラチオや本番行為をしている映像に、18歳未満のJCやJKが登場することはありません。


日本の法律の元では、それは不可能だからです。


しかし、皆さんが見たいのは、コスプレした大人の女性でしょうか。

それは、違うと思います。


私たち円光社も、コスプレした大人の女性が登場する映像に価値を見出すことは非常に困難なことだと考えています。

見たいのは、本物の現役JCやJKが登場する映像です。


そして、作り方によっては、それを映像作品にすることが、日本の法律の元でも可能なのです。


円光社がお届けする映像は、本物、現役にこだわったギリギリ映像です。



ギリギリは、合法です。グレーでもなく、完全なシロです。



速度制限60キロの道路を時速60キロギリギリで走行するのをグレーと言う人を円光社は見たことがありません。ギリギリは完全なシロなのです。


円光社の映像にはJCやJKがフェラチオや本番をするシーンは当然ながらありません。全てが合法映像だからです。

円光社の映像は児童ポルノではないのです。

しかし、円光社の作品には、本物だけが持つピチピチした躍動感や、フレッシュな若さ、また、胸がキュンとくるあどけなさが詰まっています。



大人の女性の過激なプレイよりも、本物の生々しい姿を見たい。



そんな生粋のJC、JKファンに納得していただけるよう、円光社は本物にこだわり、現役だけを題材にして、法律遵守の精神の元で作品を作り続けます。



ルックスよりも、実年齢が大切。これが円光社の何よりものこだわりです。


※注、上記の表記「JK」、「JC」は、弊社オリジナルの呼称であり「JK=ジャパニーズ・かわいい子」「JC=ジャパニーズ・超かわいい子」の略になります。